文字サイズ

オリックス・AJノースイング…初シート打撃登場も007“肩透かし”

 「オリックス春季キャンプ」(17日、宮崎)

 オリックスの新外国人、アダム・ジョーンズ外野手(34)=前ダイヤモンドバックス=がシート打撃に初参加。MLB通算1939安打&282本塁打の打棒が期待された中、ストライクゾーンなどの確認が目的だったため1スイングもせず。視察していた他球団のスコアラーに“肩透かし”を食らわせた。

 打つ気満々…、ではない。これまで素手で打撃練習を行っていたジョーンズが白の手袋を着けてシート打撃に参加したものの、この日の全12球いずれも手を出さず。「(この時期に)振ることは大事ではない」。ノースイングでも問題なしだ。

 明確な意図がある。「振るよりゾーンとタイミングの確認」。この日の4打席は2三振と2四球。対戦投手は山岡と山本の両右腕で好投手の球筋を見られたことも収穫だ。

 敵の007を翻弄する。お目当ての打撃を見られなかった西武・杉山スコアラーは「明日、また来ます」とジョーンズの来日初実戦となる18日・紅白戦の視察に再来訪することを明言。ただジョーンズは「紅白戦で振る?メイビー」。あくまで自分のペースで調整することを優先させる。

 バットを振らずとも既に他球団を震え上がらせている。楽天の小池スコアラーはMLBで実績を挙げていることを踏まえ、「打てないわけがない」と警戒。パワフルな打棒を披露する日が楽しみだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス