文字サイズ

大阪桐蔭センバツ出場確定!西野豪快な3ラン 明石商撃破で4強

 「秋季高校野球近畿大会・準々決勝、大阪桐蔭4-3明石商」(27日、佐藤薬品スタジアム)

 大阪の頂点に返り咲いた大阪桐蔭が甲子園春夏連続4強の明石商を接戦の末、撃破。準決勝進出を決め、来春のセンバツ出場を手中に収めた。

 来年のドラフト候補右腕を攻略した。3点を先取され、迎えた三回。今大会好調の3番・西野力矢内野手(2年)が、最速151キロを誇る中森の直球を捉えた。「中森君は甲子園で投げた投手。甘い球ばかりはこないと分かっていたので、浮いてきた球を狙いました」。右翼へ豪快な同点3ラン。試合を振り出しに戻し、六回に中森の暴投で勝ち越すと、最後まで守り切った。

 1年前に悔しさを味わった壁を突破した。昨秋の近畿大会は準々決勝で智弁和歌山に2-5で敗退。5年連続のセンバツ出場を逃すと、夏も勝ち上がることができず、8年ぶりに春夏通じて甲子園の土を踏めなかった。

 「去年ここで負けて、その後も全部負けたので何としても勝ちたかった。自分が打ったら流れが変わると思うのでよかったです」と安どした主砲。勢いをこのままに、まずは近畿王者の座を奪還する。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス