文字サイズ

ヤクルトのイケメン右腕・田川“バットマン”に

フェースガード姿を披露するヤクルト・田川
2枚

 ヤクルトの田川賢吾投手が24日、珍しいフェースガード姿で秋季練習に合流した。

 2日にフリー打撃の打球が顔面を直撃。鼻を骨折し、整復手術を受けていた。フェニックス・リーグの参加も見送りに。モデルばりの色白で端正なマスクへのダメージも心配されたが、大きな傷もなく、この日は元気に投手陣のフルメニューをこなした。

 ノックを受ける際には、市販品のフェースガードを付けた“バットマン”スタイルに。「めちゃめちゃ邪魔ですね」と苦笑いしながら「このクールでピッチングに入りたい」と、意欲をみなぎらせた。

 今季プロ初勝利を挙げた7年目の大型右腕。11月に行われる秋季松山キャンプ参加のメドも立ち、高津監督は「キャンプはどうしようかと思っていたけど、これならいける。経験を積んで、やっと実になってきていたから」と、さらなる成長に期待を寄せていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス