文字サイズ

ヤクルト・バレンティン激高退場「故意にぶつけられた」

 3回、死球を受け、投手・ジョーダンにヘルメットを投げるバレンティン。右は捕手・杉山(撮影・開出牧)
1枚拡大

 「ヤクルト6-3中日」(8日、神宮球場)

 怒りが大爆発した。2-0の三回2死一塁。ジョーダンの初球を左腕に受けたヤクルト・バレンティンの表情がみるみる変わり鬼の形相になった。怒声を上げ、周囲の制止を振り切るように突進。ジョーダンのいる方向へ、ヘルメットを投げつけた。

 両軍入り乱れる乱闘寸前の事態。バレンティンは、審判員から危険行為とみなされて13年以来2度目の退場処分を受けた。試合後は「故意にぶつけられたと感じた。許されることじゃない」と苦言を呈し、真中監督は「1球目からあそこにいくことはあり得ない」とフォローした。

 連敗は3でストップし、最下位脱出。一回に先制の2点適時二塁打を放ったバレ砲は「チームが勝利してくれたのが唯一の救い」と試合後は安堵(あんど)感を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス