文字サイズ

日本ハム 中村勝、岸里ら5選手に戦力外通告

 日本ハムは1日、中村勝投手(27)、田中豊樹投手(25)、立田将太投手(23)、森山恵佑外野手(25)、岸里亮佑外野手(24)の5人の選手と、来季の契約を結ばないことを通達したと発表した。

 中村は春日部共栄から09年度ドラフト1位で入団。プロ1年目の10年8月11日・ロッテ戦で初先発初勝利を挙げ、11年には日本シリーズ登板も果たした。

 14年には8勝を挙げて頭角を現したが、それ以降のシーズンは低迷。17年7月には内側側副靭帯再建術を敢行。今年7月9日・ロッテ戦で先発して1軍復帰したが、2回3安打6失点。敗戦投手となり、その後は2軍施設で調整を続けていた。

 「そういう年齢になっていますし、結果も見せられていなかったので、ある程度は覚悟をしていたことですね」と現在の心境を告白。今後については「今は投げることが楽しいので、他球団が僕に興味を持っていただくのであれば、まだ来年もやりたいなと思っています」と現役続行の意向を示し、トライアウトの受験に向けても前向きな姿勢を示した。

 花巻東出身で、大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手の後輩でもある岸里は、通算9試合の出場だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス