文字サイズ

原巨人 連敗にサヨナラ 九回代打・重信決めた 継投失敗を帳消しに

 「巨人6-5ヤクルト」(23日、京セラドーム大阪)

 代打・重信慎之介外野手が放った打球は前進守備の青木の頭上を越えていった。若武者のプロ初サヨナラ打で巨人の連敗は4でストップ。二塁をまわり、仲間たちからペットボトルの水をぶっかけられる手荒い祝福を心地よさそうに受けとめたヒーローは、お立ち台に上がるや「よしっと思いました。ああされて、見たかったです。めちゃくちゃ気持ちいいです」と、喜びをかみ締めた。

 原監督の期待に応えたい一心で必死にバットを振った。九回、先頭の岡本が中前打。続く長距離砲のビヤヌエバが送りバントをきっちり一塁前へ転がした。村上の失策も重なり無死一、二塁。打席に入る前、指揮官に「思いきって、叩きつけるぐらいの打撃をしてくれ」と耳打ちされた。送りバントではなく、ヒッティングの指示にスイッチが入った。近藤の145キロの直球を強く振り抜き、激戦に終止符を打った。

 一時は5点リードも逃げ切れず、継投失敗を反省した原監督を救う一打でもあった。八回2死一、二塁で好投の先発山口に代え、デラロサにスイッチ。青木に同点3ランを浴び山口の11勝目を逃す結果に「(山口)俊には申し訳ないことをした」と責任を痛感した指揮官は「重信は見事に応えてくれた」とミスを帳消しにした重信を称えた。小休止していた原巨人がV奪回へ再進撃開始だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス