文字サイズ

ロッテ オリの守備の乱れに乗じて勝利

 「ロッテ9-2オリックス」(16日、ZOZOマリンスタジアム)

 ロッテがオリックスの守備の乱れに乗じて勝利した。種市が6回2失点と試合を作り3勝目。

 ロッテは2点を先制されたが、四回に井上の5号ソロで反撃、五回に藤岡の適時打で同点に追いついた。六回には、先頭の鈴木の右飛を小島が落球して三進すると清田が勝ち越しの中前適時打。さらに相手失策でチャンスを作ると、レアード、吉田が中前適時打。なお2死満塁からT-岡田の失策の間にこのイニング4点目を奪った。

 オリックスは二回に若月の適時打などで2点を先制したものの、リードを守れず。先発・山本は5回まで2失点でしのいでいたが、六回に1イニング3失策という守備の乱れに足を引っ張られ6失点で2敗目を喫した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス