文字サイズ

巨人・丸「ありがたかった」2三振もカープファンの拍手に感謝

 5回、飯田の前に見逃し三振に倒れる丸(撮影・飯室逸平)
2枚

 「オープン戦、広島4-1巨人」(5日、マツダスタジアム)

 巨人・丸佳浩外野手が、拍手で出迎えてくれた古巣のファンに感謝した。

 一回、1死で迎えた第1打席。懸念されていたブーイングはほとんどなく、カープファンの温かい拍手がどこからともなく沸き起こった。

 3打席に立ち、2三振と1四球。三振後は敵地の拍手がより大きくなったが、丸は「グラウンドに出てきて、お客さんの前に出たときにいろんな方から声援を頂いたのでありがたかったです」と感謝の言葉に実感を込めた。

 過去、新井貴浩氏が広島から阪神にFA移籍した際は、大ブーイングが渦巻いた。丸自身、前日4日は「(去年までと違い)三塁側でやるので、景色だったり、雰囲気は多分違うと思う」と覚悟も口にしていた。

 だが、昨季までの3連覇の立役者を、ファンや元同僚も突き放すことはなかった。試合前には緒方監督と握手。鈴木からは肩をもまれて“激励”された。巨人・丸として大きな一日を乗り越え、安どの表情がにじんだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス