文字サイズ

王会長、生卵事件が常勝ソフトバンクの礎「屈辱ではありましたが…」

記者の質問に答える王貞治・福岡ソフトバンクホークス会長=日本記者クラブ(撮影・三好信也)
2枚

 ソフトバンク・王貞治会長が18日、都内の日本記者クラブで「平成とは何だったのか」をテーマに会見に出席した。ダイエー監督時代に経験した「生卵事件」について語った。

 95年に低迷していたダイエー(現ソフトバンク)監督に就任。1年目を5位で終えると、2年目の96年も開幕から黒星が続いた。5月9日、選手が乗っていた移動バスのフロントガラスに大量の生卵がぶつけられる“事件”が発生。王采配にも批判が集中した。

 当時の話題に、王会長は「地元のメディアからもバッシングを受けました」としながら、「卵をぶつけられるような野球をしているの自分たち。屈辱ではありましたが、投げてくれた人たちはダイエーのカチカチのファン。真剣に怒っている人が起こしたのが、卵事件だった」と、振り返った。

 「屈辱」という言葉も使いながら、熱狂的なファンの思いがチームを変える一因になったという。「まともに真っ正面から受け止めないといけない。いい刺激になったと思います。選手たちも勝つことの素晴らしさ。勝ちに向かうことはどうするかを考え、技術の向上につながった」と、事件を前向きに捉えた。

 就任1年目の5位から6位、4位、3位と成績を上げていき、5年目にリーグ制覇。常勝ソフトバンクの礎を築いた王会長は「勝った後の感激、充実感、そのとき(低迷時)は『1試合終わった』というくらいだったと思うが、選手たちは変わっていった」と、うなずいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス