文字サイズ

ソフトバンク森唯斗が胴上げ投手「大きな自信」 菊池、丸、誠也をピシャリ

胴上げ投手となった森(撮影・堀内翔)
ソフトバンク・高谷裕亮に飛びつくソフトバンク・森=マツダスタジアム(撮影・棚橋慶太)
9回から登板した森(撮影・堀内翔)
3枚3枚

 「日本シリーズ・第6戦、広島0-2ソフトバンク」(3日、マツダスタジアム)

 ソフトバンクの守護神・森唯斗投手が最後を締め、胴上げ投手になった。

 2点リードの九回にマウンドに上がり、菊池、丸、鈴木を抑え、打者3人でピシャリ。今季37セーブをマークし、ストッパーとして急成長した右腕は「抑えられたのは大きな自信になる。監督、コーチに感謝したい」と笑みを浮かべ、充実感を漂わせた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス