文字サイズ

観音寺総合が大逆転 一時7点差ひっくり返した

 7回、タイムリーを放つ観音寺総合・佐栁
1枚拡大

 「高校野球香川大会・1回戦、観音寺総合10-7高松西」(10日、レクザムスタジアム)

 観音寺総合が7点差をひっくり返す大逆転で初戦を突破した。

 0-7で迎えた六回2死一、二塁から5番・佐栁(さなぎ)侑樹捕手(3年)の左越え適時二塁打で2点を返すと、七回には8安打など打者13人の猛攻で7点を奪取。コールド負けも頭をよぎる劣勢からの白星に、2安打3打点の佐栁は「向かっていく気持ちで打った」と胸を張った。

 1995年センバツで初出場初優勝を果たした「観音寺中央」が昨春、三豊工と統合して現校名となった。今春の香川大会は4強入りしたが、準決勝と3位決定戦はコールド負け。ナインはその悔しさを胸に夏に乗り込んだ。センバツ優勝時に主将だった土井裕介監督(40)は「こんな試合はなかなか経験できない。選手たちがよくつないだ」と笑顔。勢いに乗って2回戦で善通寺一と対戦する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス