文字サイズ

夏の甲子園 レジェンド始球式を毎日開催 開幕日は松井秀喜氏

 日本高野連は6日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会で、8月5日の開幕日から決勝まで毎日、夏の甲子園で活躍した元球児による「レジェンド始球式」を行うと発表した。

 5日の開幕日は米大リーグ・ヤンキースなどで活躍した松井秀喜氏(星稜)、21日の決勝では太田幸司氏(三沢)と井上明氏(松山商)が登板する。

 決勝では太田氏と井上氏が一球ずつを投球する予定。三沢と松山商は1969年の決勝で対戦し、先発した太田氏と井上氏がともに延長十八回を投げ抜き、0-0で再試合となった。再試合では4-2で、松山商が競り勝った。

 発表会見に出席した太田氏は「毎年甲子園を見るとワクワク、ドキドキします。100回目のイベントに、49年たって、また決勝のマウンドに立てることは非常に楽しみで、うれしく思います。(100回大会が)また新しいスタートの大会になってほしい」と、語った。

 「甲子園レジェンド始球式」の一覧は以下の通り。

 5日  松井秀喜氏(星稜)

 6日  石井毅氏(現姓名は木村竹志氏、箕島)

 7日  定岡正二氏(鹿児島実)

 8日  牛島和彦氏(浪商)

 9日  平松政次氏(岡山東商)

 10日 谷繁元信氏(江の川)

 11日 水野雄仁氏(池田)

 12日 本間篤史氏(駒大苫小牧)

 13日 坂本佳一氏(東邦)

 14日 中西清起氏(高知商)

 15日 安仁屋宗八氏(沖縄)

 16日 坂東英二氏(徳島商)

 17日 金村義明氏(報徳学園)

 18日 中西太氏(高松一)

 20日 第1試合 桑田真澄氏(PL学園)

 20日 第2試合 佐々木主浩氏(東北)

 21日 太田幸司氏(三沢)、井上明氏(松山商)

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス