文字サイズ

ヤクルトの用具届かず試合中止 39年ぶりの出来事 大雨の影響でトラックが到着遅れ

用具が到着しなかったことを伝えるつば九郎(右)と試合中止を伝えるドアラ
大雨被害が拡大しないことを願うヤクルト球団マスコットのつば九郎(右)と試合の中止を伝える中日球団マスコットのドララ=ナゴヤドーム
ヤクルト戦の中止が決まり、報道陣に経緯を説明する中日・西山球団代表=ナゴヤドーム
3枚3枚

 6日、ナゴヤドームで行われる予定だった中日-ヤクルト戦が、大雨の影響でヤクルト選手のユニホームや用具などを積んだトラックの到着が大幅に遅れたため、中止となった。

 ヤクルトは前日5日、マツダスタジアムでの広島戦が中止となり、夕方まで同球場で練習を行い、その後、用具を載せたトラックが出発。しかし、日本の広い範囲に渡って発生した記録的大雨の影響から、交通規制で高速道路が使えず、一般道を使って移動するなどしたが、交通事情が悪く思うように進まなかったという。

 当初は用具が届くのを待って、1時間遅れで試合を始めることを検討していたが、間に合わないと判断し、午後3時45分に中止を決定。決定時、トラックは京都府内を走っていたという。

 ヤクルトの監督、コーチ、選手たちは5日の広島での練習後に新幹線で名古屋入りしていた。

 中日の西山球団代表は「今の状況で車がこういうことなので、中止を決定せざるを得ない。ファンの皆さんには申し訳ない。自然のことでどうしようもない状況なので、ヤクルトさんに責任があるわけではない。荷物の遅れが原因で試合が遅れたことはあったが、中止は記憶にない」と話していた。

 過去の例としては、1979年7月13日の日本ハム-南海戦(後楽園球場)が、東名高速日本坂トンネル火災の余波で道路が渋滞。南海の用具を乗せたトラックが到着できなかったため、試合が中止となっている。

 また、2017年8月11日の広島-巨人戦(マツダスタジアム)では、巨人のアンダーシャツなどを乗せた車両の到着が遅れたため、試合開始も30分遅れた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス