文字サイズ

巨人が三回までに10失点 鍬原&森福が広島打線にめった打ち

 「広島-巨人」(26日、マツダスタジアム)

 巨人・森福允彦投手が、勢いづいた広島打線の餌食となった。

 三回、無死二塁。KOされた先発・鍬原の後を受けて登板した。野間に右前打を打たれて無死一、三塁。西川を浅い中飛に仕留めたが、代打・会沢に2点適時打を打たれて5-8。さらに、続く代打・バティスタにも中越えへ特大の2ランを被弾した。

 5・5ゲーム差で追う首位・広島との大事な3連戦初戦。先発のドラフト1位・鍬原が松山に満塁本塁打を浴びるなど、プロ最短の2回0/3を7失点KO。森福も勢いに飲み込まれ、チームは三回までに屈辱の10失点となった。高橋監督は四回の攻撃で捕手の小林にも代打・和田を送り、バッテリーを交代した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス