文字サイズ

東洋大ドラフト候補右腕に明暗 梅津は7回1失点の好投、甲斐野は振るわず

 中大戦に先発し、7回1失点に抑えた東洋大・梅津
 中大を相手に力投する甲斐野
2枚2枚

 「東都大学野球、中大3-1東洋大」(10日、神宮球場)

 東洋大の今秋ドラフト上位候補右腕2人がそろって登板するも明暗が分かれた。

 先発した梅津晃大投手(4年・仙台育英)は「パワーを温存して投げられた」とリーグ戦自己最長となる7回を投げ1失点(自責0)7奪三振と力投。12球団スカウトの前で直球は自己最速タイの153キロを計測し、鋭く落ちるフォークを織り交ぜ打者を翻弄(ほんろう)した。視察した広島・苑田スカウト統括部長は「簡単に打てない。まだまだ(球は)速くなる」と伸びしろに期待をかけた。

 梅津の後を受け、八回から今季初登板した甲斐野央投手(4年・東洋大姫路)は中大の4番・吉田叡にソロ本塁打を浴びるなど2回2失点と振るわなかった。

 中大の雪辱で1勝1敗となり、勝ち点の行方は11日の3回戦へと持ち越された。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス