文字サイズ

プロ注目の日体大・松本航が12回無失点 中日スカウトは「ストレート系は威力十分」

12回を投げ東海大打線を無失点に抑えた日体大・松本航
1枚拡大

 「首都大学野球、東海大4-3日体大」(8日、越谷市民球場)

 今秋ドラフト上位候補右腕の日体大・松本航投手(4年・明石商)が先発し、12回を5安打無失点で投げ切った。

 楽天など6球団がバックネット裏に詰めかける中、直球がさえた。この日は130球を投げて最速147キロ。「要所でスピンの利いたボールを投げられた」と三塁を踏ませなかった。バント処理で2度、二塁封殺するなど華麗なフィールディングも披露。けん制で二塁ランナーも刺し、投球以外でも随所で魅せた。

 視察した中日・中田アマスカウトディレクターは「ストレート系の威力は十分」とプロでも即戦力の期待をかけた。

 試合はタイブレークの延長十六回に東海大が1点を勝ち越して逃げ切り、勝ち点の行方は3回戦へ持ち越しとなった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス