文字サイズ

初先発の日本ハム清宮、第1打席でフェンス直撃二塁打 138キロ直球をフルスイング

 台湾プロ野球ラミゴとの交流試合の2回、二塁打を放った日本ハム・清宮=札幌ドーム
3枚

 「練習試合、日本ハム6-4ラミゴ」(28日、札幌ドーム)

 日本ハムのドラフト1位・清宮幸太郎内野手(早実)が、台湾・ラミゴとの試合に「7番・一塁」でプロ入り初めてスタメン出場。第1打席で“プロ初安打”を放った。

 二回2死走者なし。ラミゴの先発、米国出身の左腕・ダウンズと対戦すると、カウント2ボールからの真ん中高めの138キロ直球をフルスイング。打球は右中間フェンス直撃の二塁打となった。

 ファンの大歓声を受けた清宮は「まっすぐですね。甘くはなかったですけど、無我夢中でした。あんまり覚えていないです。(札幌ドーム初打席は)普段通りでした」と振り返った。

 第2打席は四回2死三塁で、ラミゴ2番手の右腕・ニックスと対戦。右ひじのひじ当てへの死球で一塁に歩いた。その後、中島の適時打で本塁へと生還した。

 六回、先頭打者で向かった第3打席は、右の林柏佑と対峙(たいじ)。カウント2ボール2ストライクからの5球目、外寄り高めの140キロ直球を振りに行ったが、空振り三振に倒れ、七回の守備からベンチに下がった。

 日本ハムの先発メンバーは以下の通り。

1番・中堅 西川

2番・右翼 杉谷

3番・捕手 近藤

4番・DH 中田

5番・三塁 レアード

6番・二塁 横尾

7番・一塁 清宮

8番・左翼 渡辺

9番・遊撃 中島

   投手・吉田

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス