文字サイズ

日本ハム有原、キャッチボール再開 右肩炎症で別メニュー調整中

軽めのキャッチボールを行う有原
1枚拡大

 「日本ハム春季キャンプ」(13日、スコッツデール)

 右肩炎症で別メニュー調整中の有原航平投手が、軽めのキャッチボールを再開した。

 トレーナーを相手に、約20メートルの距離まで離れて腕を振った。練習後、取材に応じた右腕は「(患部の状態は)普通です」と言葉少な。谷ヘッドトレーナーは「体調を見ながら、(リハビリの強度は)前後すると思う」と今後の方針を明かした。

 帰国する16日以降に、沖縄でチームドクターの診察を受ける予定。開幕投手の有力候補だけに、慎重に一歩ずつ段階を踏んでいく。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス