文字サイズ

東大野球部が始動 新スローガンは「一丸」97年秋以来の最下位脱出へ結束

新スローガン「一丸」の前で記念撮影に納まる東大ナイン
浜田一志監督の前で、新スローガン「一丸」を横断幕に書き入れる東大・宇佐美主将
2枚2枚

 東京六大学リーグの東大が13日、都内の東大球場で始動した。主将の宇佐美舜也外野手(3年・桐朋)が、新スローガン「一丸」を横断幕に“書き初め”し、今春の勝ち点2獲得へ意気込んだ。

 横断幕への直筆スローガンは昨年からスタート。昨秋、15年ぶりの勝ち点獲得し、浮上へのきっかけをつかんだ。「チームとして一つにまとまろう」と頭脳派集団の主将らしく、達筆な文字で新たな目標を掲げた。

 大黒柱の日本ハムドラフト7位・宮台康平投手(22=東大)ら主力が卒業し、真価が問われるシーズン。97年秋以来の最下位脱出へ、赤門軍団は結束力で勝負する。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス