文字サイズ

環太平洋大が慶大下して4強進出 野村監督「地に足着けてプレーできた」明治神宮大会

試合前ノックを打ち終えた元広島監督の野村謙二郎氏の弟の環太平洋大・野村昭彦監督=神宮球場(撮影・中田匡峻)
力投する環太平洋大・西山=神宮球場(撮影・中田匡峻)
8回慶応大1死一、二塁、ピンチを迎えた場面で投手・又吉(右)に声をかけにいく環太平洋大・野村昭彦監督(中央)=神宮球場(撮影・中田匡峻)
3枚3枚

 「明治神宮野球大会・大学の部・準々決勝、環太平洋大5-1慶大」(11日、神宮球場)

 環太平洋大が3年連続で初戦を突破し、初の4強進出を決めた。

 広島の前監督・野村謙二郎氏の実弟、野村昭彦監督は「今まで関東のチームに勝てていなかったし、まして相手は東京六大学ですから。選手はやりがいがあったと思うし、地に足を着けてプレーできたと思います」と声をはずませた。

 試合は三回に内野ゴロの間に先制すると、八回は4安打で4点を奪取。4投手の継投でリードを守り抜いた。先発の西山雅貴投手(2年・岡山理大付)らスタメンには1、2年生が6人。発展途上のメンバーで、楽天のドラフト2位・岩見雅紀外野手(4年・比叡山)を擁する慶大を破った。

 野村監督は、慶大・大久保秀昭監督と、社会人野球の日本石油(JX-ENEOS)でバッテリーを組み、今でも親交を持つ。毎年、夏にはオープン戦でも対戦している。「僕が先に神宮出場を決めた後、六大学と対戦することが決まっていたので、『(慶大に)勝ってくれ』と思っていました。選手も感謝の気持ちを伝えたいと思っていたと思う」。投打がかみ合った快勝に終始、笑顔だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス