文字サイズ

ソフトバンク 戦列復帰・柳田の内野安打から3点を先制 内川が犠飛、松田が適時二塁打

1回ソフトバンク無死、柳田が遊内野安打を放つ=ヤフオクドーム(撮影・園田高夫)
1回、中犠飛を放った内川
1回ソフトバンク1死二塁、打者・デスパイネのとき三塁盗塁を決めた柳田=ヤフオクドーム(撮影・園田高夫)
3枚3枚

 「パCSファイナルS・第5戦、ソフトバンク-楽天」(22日、ヤフオクドーム)

 日本シリーズ進出に「王手」をかけたソフトバンクは、右脇腹痛で離脱していた柳田が復帰し、「1番・中堅」で先発出場。初回の第1打席でいきなり遊撃内野安打を放ち、内川の犠飛で先制のホームを踏んだ。さらに松田の右越え適時二塁打で2点を加え、3点を先制した。

 大声援の中で打席に立った柳田は、楽天の先発・美馬の1-1からの3球目スライダーをコンパクトにミートし、打球は二遊間へ。遊撃・茂木がグラブに収めたが送球はあきらめた。

 今宮が送って、デスパイネの初球に、捕手・嶋がボールを右にはじくのを見ると柳田はすかさず三進。デスパイネは四球で1死一、三塁となった。

 ここで今CS4試合連続本塁打の内川は、美馬のストレートをライナーで中堅左へと運ぶ犠飛を放ち、柳田は悠々ホームイン。ベンチでハイタッチの歓待を受けた。

 内川は「打ったのはシュート。昨日、接戦をものにしましたし、初回に得点出来ればチームに勢いを与えられると思い打席に入りました。1点でも多く得点できるように、次の打席も打ちたいです」とコメントした。

 ソフトバンクはなおも、中村晃が右翼ネット直撃のシングルヒットで2死一、三塁とすると、松田が右中間へタイムリー二塁打を放ち、2者が生還した。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス