文字サイズ

ヤクルト ライアン小川は東京ドーム初勝利、山田の3ランに「勇気が出る一発」

力投するヤクルト・小川泰弘=東京ドーム(撮影・棚橋慶太)
3枚

 「巨人0-4ヤクルト」(9日、東京ドーム)

 ヤクルトは先発の小川泰弘投手が7回4安打無失点で8勝目をマーク。プロ5年目にして東京ドーム初勝利を飾った。

 最大のピンチは五回だった。2死一、二塁で好調のマギーを打席に迎えると、フルカウントから最後は低めに落とし、空振り三振。思わずガッツポーズが飛び出した。

 「乗っている打者だったので、ここを乗り切れば流れが来る、ゾーンでしっかり勝負できた」と攻撃に流れを持ってくると、六回に山田の3ランで先制に成功。右腕は「勇気の出る一発だった」と笑顔を見せた。

 真中監督は「味方が点を取れない中、しぶとく粘って投げていた」と好投をたたえた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス