文字サイズ

日本生命が34度目出場決める 社会人野球日本選手権近畿最終予選

日本選手権近畿最終予選のパナソニック戦で3ランを放った日本生命・皆川
1枚拡大

 「社会人野球・日本選手権近畿最終予選、日本生命7-0パナソニック」(4日、わかさスタジアム京都)

 日本生命がパナソニックを下して、6大会連続34度目の出場を決めた。

 1点リードの五回2死一、二塁で、2番・皆川仁外野手が右翼席へ3ランを放ち、試合の主導権を握った。立正大から入社1年目の新人は「完璧だった。思い切り行こうと思っていた。それが持ち味なので」。笑顔で公式戦初本塁打を振り返った。

 立正大ではオリックスの2016年ドラフト2位・黒木優太投手とチームメートだった。大阪では食事を共にしており、「活躍は刺激になりますね。僕も目指せる限りは目指したい」と将来は同じ舞台で戦うことを目標に掲げた。

 十河章浩監督は、将来の4番候補の一発に「しっかり振れるし、雰囲気を持っている。ムードメーカー的なところもあるので、新人だけど、チームを引っ張ってくれている」と本大会での活躍を期待した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス