文字サイズ

早実・清宮にメジャースカウト! Wヘッダーで9の5も101号は出ず

 練習試合のダブルへッダーに出場し、合計9打数5安打だった早実・清宮
1枚拡大

 「高校野球・練習試合、早実3-2九州学院、早実6-3桐光学園」(11日、王貞治記念グラウンド)

 高校通算100本塁打の早実・清宮幸太郎内野手(3年)が11日、メジャースカウトの電撃視察を受けた。東京都八王子市の同校グラウンドで練習試合のダブルヘッダーに出場。101号こそ出なかったが、阪神など日米9球団のスカウト陣の前で合計9打数5安打と快音を連ねた。

 2試合ともフル視察したのが、ブルージェイズのダン・エヴァンス環太平洋担当スカウトディレクターだ。「特定の選手の話はできない」としながらも、清宮の存在はもちろん認識。「日本の高校生のレベルは高いね。今日はいい日になった」と、満足げだった。

 夏の西東京大会まで約1カ月。左翼線への技あり二塁打も放った清宮は「無理に引っ張ろうという感じじゃない。そこはできている」と納得顔。「とにかくケガなく万全で入ることが一番」と、テーマを掲げた。

 将来の夢は「メジャーの本塁打王」という怪物スラッガー。本場のスカウトの注目を浴びても「記録は意識していない。勝利最優先でいきたい」と、不変の姿勢で夏に向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス