文字サイズ

慶大のドラフト候補・岩見が135メートル弾!守備時にフェンス激突で病院へ

二回無死、慶大・岩見は中越えに先制ソロを放つ
1枚拡大

 「東京六大学野球、慶大11-2東大」(16日・神宮)

 今秋ドラフト候補の慶大・岩見雅紀外野手(4年・比叡山)が特大の先制ソロを放った。

 二回先頭で中堅後方の広告掲示板を越える推定135メートル弾。左中間最上段付近にアーチを打ち込んだ前日に続く、2戦連発だった。

 三回には左翼フェンスに頭をぶつけながら大飛球を好捕。四回途中で大事を取って交代した。病院で検査の結果、軽い脳しんとうで異常なし。頑健な体を持つ右の大砲は、試合後に球場に戻り「大丈夫でした。ホームランはうれしかった。(特大弾から病院まで)今日は駆け抜けましたね」と、満面の笑顔で振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス