文字サイズ

プロ注目、履正社・安田が存在感 2戦5四死球 滝川二との練習試合

 「第89回選抜高校野球大会」(19日開幕、甲子園球場)

 プロ注目の履正社・安田尚憲内野手(2年)が9日、茨木市内の履正社グラウンドで、今年初の対外試合となる滝川二(兵庫)との練習試合に出場した。2試合で計5打数1安打5四死球。本塁打は放てなかったが、阪神など5球団スカウトの前で存在感を示した。

 「1、2打席目は少し力んだ。久々の試合だったので、いつもと違うところがあった」。高校通算45本塁打の大砲は反省の言葉を並べた。それでも相手バッテリーの際どいコースを攻め続ける配球に惑わされず、4四球を選ぶ対応力も見せた。

 阪神の畑山スカウトは「去年より形はよくなっている。もう少し大胆にいってもいいかなと思う」。期待が高いからこそ、一層の奮起を願った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      野球最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス