1. ホーム
  2. うま屋

藤岡康太騎手が死去 落馬事故から約102時間、帰らぬ人に 35歳、G1・2勝、JRA通算800勝達成したばかり

続きを見る

 JRAは11日、先週土曜の阪神競馬7Rでの落馬事故で入院していた藤岡康太騎手=栗東・フリー=が10日午後7時49分に死去したと発表した。35歳。JRA騎手の落馬による死亡事故は04年の竹本貴志騎手以来で20人目。G12勝を誇る人気ジョッキーのあまりに短過ぎる人生に、競馬界が悲しみに包まれた。

 予期せぬアクシデントが命を奪った。6日の阪神7R。3コーナーで前の馬に触れ、つまずいて落馬。地面にたたきつけられ、後続馬に踏まれた藤岡康太騎手の体は全く動かなかった。搬送後は頭部、胸部の負傷と診断され、意識不明の状態が続いたが、意識は戻らず、事故から約102時間が経過した10日午後7時49分、静かに息を引き取った。

 88年に藤岡健一調教師の次男として誕生した。小学生から箸も鉛筆も左手を使い、「ジョッキーになるから右も左も使えるようにならんとアカン」と同級生に力説した。早くから騎手を志し、3学年上の兄・佑介に続いて、その道を歩んだ。07年3月3日に初騎乗初勝利を達成。ジョーカプチーノとのコンビで09年ファルコンSで重賞初制覇を飾ると、同年のNHKマイルCでは10番人気で激走。20歳でG1初制覇を成し遂げた。

 ただ、順風満帆にはいかなかった。翌10年に自然気胸を発症し、2度の手術。復帰したが、再発のため再手術となり、治療、療養を繰り返す日々も経験した。そのような困難も乗り越えて、勝ち鞍を積み重ねてきた。キャリアハイの年間63勝を挙げた昨年は、急きょの代打騎乗となったナミュールでマイルCSを制し、14年ぶりとなるG12勝目。今年も3月30日に区切りのJRA通算800勝を達成し、リーディング10位と、ファン、関係者から信頼される人気ジョッキーだった。

 スマートながら、力強さも持ち合わせる騎乗スタイル。そして、ブーツの上にピンクのサポーターがまぶしく光る。「北海道から見守ってくれる2人がすぐに見つけられるように」。おじいちゃん子、おばあちゃん子として育った康太らしい気遣いと優しさだった。

 昨年6月13日に長男が誕生。殊勲のVを決めたマイルCSのインタビュー後には「これから帰って、子どもをお風呂に入れます」と笑って競馬場を後にした子煩悩な新米パパ。やり残したことがあまりに多過ぎる。

 レースの度に命のやりとりをする騎手にとって、避けられない不運な事故だった。命だけでも助かってほしい-。応援する周囲の祈りと願いに応えようと、生死の境で懸命に闘ったが、奇跡は起こらなかった。

 ◆藤岡康太(ふじおか・こうた) 1988年12月19日、滋賀県出身。父が健一調教師、兄が佑介騎手という競馬一家で育ち、2004年にJRA競馬学校入学。07年に栗東・宮徹厩舎からデビュー。同年3月3日の中京で初騎乗初勝利(ヤマニンプロローグ)。JRA通算1万759戦803勝。G12勝(09年NHKマイルC=ジョーカプチーノ、23年マイルCS=ナミュール)を含む重賞22勝。フェアプレー賞4回(10、12、17、19年)受賞。169センチ、50キロ。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

ニュース

 データ班が猛プッシュするレッドモンレーヴ

NEW 2024.5.28

【安田記念】レッドモンレーヴ雪辱果たす 末脚生きれば前進可能 悲願のG1初制覇だ

 「安田記念・G1」(6月2日、東京) 香港馬2頭が参戦し、多彩なメンバーがそろった春のマイル王決定戦。…

一覧を見る

馬体診断 - 安田記念

ソウルラッシュ

安田記念

セリフォス

安田記念

ナミュール

安田記念

パラレルヴィジョン

安田記念

フィアスプライド

安田記念

ガイアフォース

安田記念

レッドモンレーヴ

安田記念

ウインカーネリアン

安田記念

コレペティトール

安田記念

ドーブネ

安田記念

ダノンスコーピオン

安田記念

ジオグリフ

安田記念

ステラヴェローチェ

安田記念

ソウルラッシュ

セリフォス

ナミュール

パラレルヴィジョン

フィアスプライド

ガイアフォース

レッドモンレーヴ

ウインカーネリアン

コレペティトール

ドーブネ

ダノンスコーピオン

ジオグリフ

ステラヴェローチェ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

5月26日 京都10R

3連単
27,730円的中!

松浦孝司

松浦孝司

5月26日 東京4R

3連単
25,770円的中!

刀根義郎

刀根義郎