文字サイズ

人気絶頂の漫才師が崖から投身自殺 舞台から失踪、バッグに相方との写真と遺書

 上方漫才のスターだったお笑いコンビ「Wヤング」の中田治雄さん=写真左=が、人気絶頂の1979年10月25日、熱海の崖から飛び降り、亡くなっているのが見つかった。41歳だった。21日になんば花月の舞台を前に失踪。行方不明に。野球賭博などで多額の借金があった。崖の上に残されたバッグには、遺書とともに、相方の平川幸雄と一緒に写った写真も入っていた。

 【1979年10月26日のデイリースポーツ紙面より】(※プライバシーに配慮し、一部加筆修正してあります)

 Wヤングの中田治雄=本名・中田軍治=さんが遺体で見つかった。21日に大阪・なんば花月劇場から姿を消し、消息不明。24日に保護願が出されていた。

 25日午後1時半ごろ、熱海市錦ヶ浦のホテル・ニューアカオの従業員が錦ヶ浦展望台下の沖約20メートルの海に男の死体が浮いているのを発見。熱海署に届けた。

 熱海署で調べた結果、死後間もなくで、崖の上約70メートルの展望台に手提げバッグがあり、中に中田さんの写真、コンビの平川幸雄さんが一緒に写った写真、便せん5枚に書かれた遺書が入っていた。

 中田さんは黒いスポーツシャツ、紺ズボン姿。バッグの中に現金20万円とポケットに1万8500円があった。

 遺書の内容は「東尋坊は前に一度行ったことがあり、きれいなところだと思った。ここで死のうとしたが、“ヤングさんきょうはどこへ行くんですか。一杯飲みましょう”とファンに声をかけられたため死ねなかった。新幹線で熱海に来た」などと書いてあり、「人はいさ、こころもしらぬ、故里にしそ、昔の香りに匂いけり」(※原文まま)と結んであったが、自殺の動機には触れていなかった。

 保護願が出た大阪・南署の調べによると、野球賭博や競馬に凝り、サラ金など約2000万円の借金を抱え、取り立てに悩んでいた。所属の吉本興業のスタッフの話では、今年になって出演中の楽屋や自宅に暴力団風の男が押しかけていたという。

 熱海署の調べでは、中田さんは24日夜、熱海市内の旅館に1人で泊まっていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス