1. ホーム
  2. うま屋

【中山記念】ソールオリエンス動き軽快 3頭併せで11秒4 初コンビ・田辺辛口も「舞台関係なく走って」

続きを見る

 「中山記念・G2」(25日、中山)

 有馬記念で8着に敗れた昨年の皐月賞馬ソールオリエンスが、今年の初陣を迎える。追い切りは21日、美浦Wで3頭併せを行い、軽快な動きを披露した。ただ、中山芝1800メートルは、追い込み馬にとってベストとは言いがたいコース。舞台設定の克服が今回の鍵となる。

 皐月賞を後方一気の競馬で差し切った逸材が4歳初戦を迎える。有馬記念8着以来のソールオリエンスは、美浦Wでドゥラモンド(6歳3勝クラス)、レヴォルタード(4歳2勝クラス)と併せ、6F85秒5-37秒6-11秒4で併入。直線で2頭の間に入ってもひるむことなく、馬なりで素軽い動きを見せた。

 今回初コンビを組む田辺は「エンジンはいいし、フットワークはさすがですね」と一定の評価。一方で「(1週前と比較して)劇的な変化はなかったけど…」と少々辛口のジャッジだ。状態が悪いわけではないが、期待が大きいからこそ評価は厳しくなる。

 手塚師も今回に限っては強気ではない。「スタートしてから行き脚がつけばいいけどね」と話すように、懸念材料として舞台設定がある。中山芝1800メートルはスタート後約200メートルでコーナーに入るため、前半の位置取りが重要となり、追い込みのスタイルでは厳しくなる。それを踏まえた上で、「そこは能力でカバーしてくれると思っています」とG1馬の底力を信じている。

 決して楽な戦いではないが、鞍上は「ポテンシャルの高い馬ですからね。舞台は関係なく走ってほしいし、そのレベルの馬だと思っています」と力を込める。この先の大阪杯(3月31日・阪神)に向けても真価の問われる一戦となる。

記事をシェアする
twitter
facebook
line
hatena

ニュース

 栗東CWで文句なしの動きを披露したドゥレッツァ(撮影・今井雅貴)

NEW 2024.4.25

【天皇賞】ドゥレッツァ春盾獲りへ向け盤石 栗東滞在効果バッチリ!尾関師「今週のひと追いでさらに良くなる」

 「天皇賞(春)・G1」(28日、京都) 昨年の菊花賞馬ドゥレッツァが、春の盾獲りへ向けて盤石の態勢を整えた。…

一覧を見る

馬体診断 - 天皇賞・春

テーオーロイヤル

天皇賞・春

タスティエーラ

天皇賞・春

ドゥレッツァ

天皇賞・春

ワープスピード

天皇賞・春

チャックネイト

天皇賞・春

ブローザホーン

天皇賞・春

サヴォーナ

天皇賞・春

ディープボンド

天皇賞・春

シルヴァーソニック

天皇賞・春

プリュムドール

天皇賞・春

マテンロウレオ

天皇賞・春

テーオーロイヤル

タスティエーラ

ドゥレッツァ

ワープスピード

チャックネイト

ブローザホーン

サヴォーナ

ディープボンド

シルヴァーソニック

プリュムドール

マテンロウレオ

有力馬次走報

一覧を見る

  1. 競馬新聞「馬サブロー」

的中速報

4月21日 東京10R

3連単
71,910円的中!

木村拓人

木村拓人

4月21日 京都7R

3連単
46,370円的中!

小田穂乃実

小田穂乃実