ホームタイガース岡田氏x金本氏対談

 文字サイズ

新井にサードは無理やって!【5】

2013年1月16日

 岡田彰布氏=東京都内のホテル(撮影・辰巳直之)

 岡田彰布氏=東京都内のホテル(撮影・辰巳直之)

拡大写真はこちら

 ‐岡田政権時代の08年に新井は「3番一塁」で虎デビュー。ゴールデングラブ賞を受賞するなど、前半戦独走の立役者となった。ところが、翌年の真弓政権で三塁へコンバートされると開幕から大不振に。岡田氏はこの配置転換が、新井の打力に影響を与えたと断言する。

 岡田「(新井の)サードは無理やって!そんなもん。どれだけ、広島時代から見てるんよ」

 金本「(爆笑)」

 岡田「オレ、サードのサの字も言うてないよ。1試合だけ延長戦で守らせたけど。間違いなくバッティングに影響するわけやから」

 ‐右肩の故障がスローイングにも影響を与え、打撃不振を招いたとされる。当時、一塁守備は目を見張るものがあった。

 岡田「そら、あいつ、(08年の)ゴールデングラブよ。初めてらしいな、ゴールデングラブとって(翌年に)ポジション変えられた選手は。センターからライトいくいうのはあるけど、内野手では前例ないはずよ」

 ‐来季、新井のポジションは一塁が濃厚。復活を期待したい。

 金本「彼が頑張る選手なら、頑張ってほしいですけど、彼は頑張らない選手なんでね(笑い)。あいつが肩をケガしたときも、肩の故障経験があるセキ(関本)と肩を大ケガした僕が新井に『肩をやってしまうと、めちゃくちゃ大変だから』とアドバイスしたのに、彼は何にもやらないんですもん。下半身のトレーニングにしてもそう。もともとトレーニングをやって強くなったんだから、『これからもやったほうがええ』と言い続けても、やらない。兄に比べて弟は一生懸命やる。ポーズもあるけど、良太は実際にやってますからね。こっちが『ちょっと休めよ』と言うくらいやってますよ、弟は」

 ‐軸となるべき鳥谷の打撃にも期待を込めて。

 金本「トリの身体能力からすればもっと打てる。今年はホームラン8本でしょ。いくら飛ばないボールといっても、物足りないでしょう」

 岡田「バッティングカウントでも、追い込まれたような打ち方をしてるよな。最初からもっと、どんどん振っていけばええんやけど、ずっと、2ストライクに追い込まれたようなバッティングしてる。そのへんは変えなあかんわな」

前ページ123



今日みられてます

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6

注目トピックス

カードローン、即日融資

私でも審査が通る?人気のカードローンを厳選比較!収入証明不要、即日融資も⇒

阪神タイガースプリント

紙面に掲載された厳選写真をお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

競馬G1プリント

紙面に掲載されたG1のレースシーンをお近くのセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクスで!

阪神 今日は何の日?

タイガースが1面を飾った出来事が満載!

今日は誰の誕生日?

毎日更新!誕生日を迎えた有名人を紹介