文字サイズ

阪神 今季16度目の完封負けで3位浮上ならず 近本の連続試合安打もストップ

 厳しい表情で戦況を見守る矢野監督(撮影・飯室逸平)
 9回、加治屋は松山に適時二塁打を許し失点する(撮影・山口登)
 6回、中飛に倒れ、悔しがる近本(撮影・田中太一)
3枚

 「阪神0-3広島」(7日、甲子園球場)

 阪神が接戦に敗れ、今季16度目の完封負けを喫した。勝てば3位浮上のチャンスだったが、今季の対広島はこれで1勝10敗2分けの成績となった。

 プロ3度目の先発となったドラフト3位・桐敷(新潟医療福祉大)は好投を披露した。二回にマクブルームに左中間へソロを浴びるも、持ち前の安定感ある投球を見せた。巧みな制球で5回4安打1失点。プロ初勝利はお預けとなったが、「前回登板の反省を生かし、強いストレートを投げ込むことができた。これから長いイニングを投げていけるように」と自信を深めた様子でコメントした。

 打線は助っ人右腕アンダーソンの前に沈黙した。二回は先頭の佐藤輝が中越えの二塁打でチャンスメークするも、後続が凡退。四回は1死一塁から大山が三振、佐藤輝も二盗失敗とかみ合わない攻撃が続く。五回は2死から梅野、代打・ロハスの連打で一、二塁の場面を作るも、中野が左飛に倒れて好機を逸した。

 31試合連続安打の球団新記録を狙う近本は、初回の第1打席で一ゴロ、四回は捉えた当たりの左飛に倒れた。六回の第3打席は高めの直球に手を出して中飛。九回の第4打席も二ゴロに終わり、歴史を塗り替える瞬間を期待するスタンドのファンからはため息が漏れた。

2022-08-14
2022-08-13
2022-08-12
2022-08-11
2022-08-10
2022-08-09
2022-08-07
2022-08-06
2022-08-05
2022-08-04
2022-08-03
2022-08-02
2022-07-31
2022-07-30
2022-07-29
2022-07-24
2022-07-23
2022-07-22
2022-07-20
2022-07-19

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス