文字サイズ

阪神“鯉煩い”開幕9連敗 佐藤輝「悔しい」執念同点&勝ち越し打もサヨナラ負け

 「広島5-4阪神」(22日、マツダスタジアム)

 また鯉に勝てなかった。阪神は延長戦の末、今季6度目のサヨナラ負け。広島戦は開幕から1分けを挟んで9連敗となった。4番・佐藤輝明内野手(23)が延長十回、一度は勝ち越しとなる適時二塁打。2安打3打点の奮闘を見せたが、勝利には結びつかなかった。これでチームも3連敗。再び正念場がやってきた。

 ビジター球場とは思えないほどの虎党の熱気がマツダスタジアムに充満した。二塁ベースに到達した佐藤輝は笑顔だった。それでもサヨナラ負けを喫し、試合後に自ら「悔しい」と絶叫した。ただ、チームが苦しい時に、価値ある一打を放った事実は変わらない。

 3-3のまま延長戦に突入した十回。先頭・近本が左前へのクリーンヒットで出塁すると、無死一塁から佐藤輝が打席へ。体勢を崩されながらも松本が投じた低めのフォークをすくい上げ、右中間を真っ二つに破った。

 「狙い球を絞り、しっかりと捉えることができたので良かった」

 一走・近本が全速力で駆け抜け、そのまま一気に勝ち越しのホームイン。この試合で初めて試合の主導権を握り、スタジアムの雰囲気をガラリと変えた。佐藤輝はこの日、五回に一ゴロの間に同点の走者を本塁へ生還させると、4打席目には“怪力”を見せつけた。

 1点を追う七回2死三塁。ケムナが投じた初球、149キロ内角直球に対し、バットを折られながらも打球は左前にポトリ。またも、同点とした適時打に「厳しい球でしたが、しっかり振り切った結果、いいところに落ちてくれた。どんな形でも、追いつくことができて良かったです」。勝負強さが頼もしい。

 佐藤輝の一打で開幕から続く広島への連敗脱出、完全に勝利のムードが漂っていたが…野球の神様はイジワルだ。直後の守りでアルカンタラが坂倉に同点ソロを浴び、さらに右腕は延長十一回に宇草にサヨナラ本塁打を打たれ、執念の適時二塁打は実らなかった。

 広島戦10戦で1分けを挟み9連敗と負の連鎖を断ち切れない。矢野監督も「(リードは1点で)もう1点欲しいなというところはもちろんあるけど、負けるとね…。やっぱりそうなってくるし、難しいところやね」と必死に言葉を絞り出した。

 この日は母・晶子さんの50歳の誕生日。2安打3打点と奮闘したが、勝てなかった。「打ちます、また明日から頑張ります」と佐藤輝。求めているのは勝利の2文字。“鯉煩い”から抜け出すアーチを描く。

2022-06-29
2022-06-28
2022-06-26
2022-06-25
2022-06-24
2022-06-23
2022-06-22
2022-06-21
2022-06-19
2022-06-18
2022-06-17
2022-06-12
2022-06-11
2022-06-10
2022-06-09
2022-06-08
2022-06-07
2022-06-05
2022-06-04
2022-06-03

野球スコア速報

関連ニュース

編集者のオススメ記事

阪神タイガース最新ニュース

もっとみる

スコア速報

主要ニュース

ランキング(阪神タイガース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス