文字サイズ

阪神 中田賢一の引退を正式発表「最強阪神軍団を作って」後輩に思い託す

 阪神・中田賢一投手(39)が28日、今季限りの現役引退を球団から正式発表した。あす29日に引退発表会見を行う。

 この日は鳴尾浜で2軍練習試合ソフトバンク3軍戦が行われ、中田は試合前練習の投手円陣で約2分間あいさつした。その後、同じく今季で現役引退する桑原とキャッチボール。古巣であるソフトバンク関係者にあいさつする姿も見られた。

 練習後に取材に応じ、「これから最強阪神軍団を作ってくださいと。後輩たちに自分がいいと思っていることはやり続けてほしいという話はしました」とチームメートに送った言葉を明かし、「つらいことももちろんありましたけど、やっぱり好きなことを職にできることはこれほど幸せなことはないので。それを常に思ってやっていたので一生懸命やろうという思いでやっていました」と17年間の現役生活を振り返った。

 平田2軍監督は「常にウオーミングアップから手を抜かずに、賢一(中田)はしっかりやっていたんでね。そういうところを、やっぱり小さいことをしっかりやるということ。最後の1歩まで妥協しない。そういうところで賢一がいいこと言ってくれたんで」と後輩たちの手本となる姿勢をたたえた。

 中田は、2004年にドラフト2位で中日に入団。13年オフに国内FAを宣言すると、阪神との争いの末にソフトバンクが獲得。19年オフには無償トレードで阪神へ移籍した。

 阪神では20年に1軍で3度先発するも2敗。今季はここまで1軍昇格はなく、移籍後初勝利を挙げられていない。一方でウエスタンリーグでは、優勝が決定した24日のオリックス戦で先発を任されるなど4勝3敗の成績を残した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス