文字サイズ

阪神・藤浪、六回1死満塁で降板 7安打2失点、6奪三振も制球難

2回、桑原の鋭い打球にグラブを差し出す藤浪(撮影・北村雅宏)
 1回、宇草に先制となる適時打を浴びた藤浪(撮影・北村雅宏)
力投する藤浪(撮影・北村雅宏)
3枚

 「ウエスタン、広島-阪神」(23日、由宇球場)

 阪神先発の藤浪晋太郎投手は5回1/3を7安打2失点(自責1)でマウンドを降りた。6三振を奪ったが、4四球と制球に苦しんだ。

 初回、1死から矢野に右前打を許すと、自身のけん制悪送球で1死三塁のピンチを招く。3番・宇草に中前打を浴びてあっさりと先制点を献上した。

 その後は走者を許しながらも粘った。二回は1死から桑原に投手強襲の内野安打を許したものの、後続を断った。三回は1死から羽月に四球を与えたが、けん制挟殺プレーに仕留めると、矢野を投ゴロに打ち取った。

 四回には連打で無死一、三塁と再びピンチを迎えたが、木下を一ゴロに打ち取り、三走・宇草を本塁憤死に。2死として桑原を左飛、持丸を右飛に仕留めた。

 五回には1死からメヒアに左前打を浴び、続く羽月に四球を与えて一、二塁とされたが、矢野、宇草を連続三振に斬った。

 だが、六回。先頭・高橋大は見逃し三振に斬ったが、続く木下に中前打を浴びると、桑原、持丸に連続四球を与えて満塁。ここで、尾仲にマウンドを譲った。

 代わった尾仲は、中神を空振り三振に斬ったが、続く代打・堂林に三塁への適時内野安打を許した。ここで育成ドラフト1位の変則左腕・岩田将がマウンドへ。羽月を左飛に打ち取った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス