文字サイズ

阪神が謝罪 プロ志望届提出前に天理・達孝太と面談「全スカウトに対して厳重注意」

 阪神がプロ志望届提出前に天理・達孝太投手(3年)と面談に臨んでいたことが発覚したことについて16日、阪神の嶌村聡球団本部長(54)がコメントを発表した。

 「当球団スカウトが、プロ野球志望届の提出が完了していない選手と面談を行ったことにより、当該選手、当該高等学校ほか関係者の皆さまにご迷惑をお掛けしてしまい、深くおわび申し上げます」と陳謝。「当球団としては、事実確認後速やかに当該スカウトおよび全スカウトに対して厳重注意を行うとともに、改めてルール順守の徹底を通知した上、日本野球機構(NPB)に経緯を報告しております」と明かし、「今後二度とこのようなことが発生しないよう管理体制を強化してまいります」と誓った。

 達投手は10日に所属の奈良県高野連にプロ志望届を提出。同日に日本高野連ホームページで公示されたが、阪神のスカウトは7日に同投手と接触して、面談していた。

 これを受け、15日に審査委員会を開催した日本高野連が天理の笠井要一野球部長(35)と中村良二監督(53)を厳重注意措置の指導をすると発表。同校には再発防止をするための改善計画書の提出を求めている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス