文字サイズ

岡田彰布氏が解説「ソフトバンクは佐藤輝を試しているように映った」六回、右前適時打

6回、石川から右前タイムリーを放つ佐藤輝(撮影・飯室逸平)
 6回、佐藤輝は右前適時打を放つ(撮影・山口登)
6回、気迫のヘッドスライディングで二盗を決める佐藤輝(撮影・飯室逸平)
3枚

 阪神、オリックスで監督を歴任したデイリースポーツ評論家・岡田彰布氏が4日、甲子園で行われた阪神-ソフトバンク戦を視察した。4点リードの六回2死三塁から阪神・佐藤輝と勝負し、右前適時打を浴びたソフトバンクバッテリーについて「試しているように映った」とプロの視点で解説した。

 阪神は4点リードの六回、マルテの中越え二塁打で無死二塁とし、大山の中飛で三塁へ進塁。しかしサンズは空振り三振に倒れ、2死三塁となったところでベンチから投手コーチがマウンドに向かった。

 打順はここから下位に進み、一塁も空いているだけに、状況的には勝負を避けてもいい場面。だがソフトバンクバッテリーは厳しいところを突きながらカウント2ボール。ここでもベンチが申告敬遠を指示することはなかった。結果的に3球目の甘いカットボールを右前に運ばれ、試合を決定付ける5点目を奪われたが、岡田氏は「無理な勝負?いや、俺はそうは見んかったな。佐藤輝を試しているように映ったんよ。ソフトバンクのバッテリーはどこに食いついてくるか、探っているような感じやったしな」と分析した。

 その上で「4点のビハインドを背負って、きょうの青柳の状態やったらほぼ負けゲームよ。これが僅差やったら間違いなく四球で歩かせる場面。だから長い目で見てと言うんかな。佐藤輝はルーキーやし、少しでも情報がほしいんよ。そこで得た情報を明日の第2戦、そして第3戦へつなげていくという考えやったんちゃうかな」と解説。プロならではの視点で、勝負を分けた場面を振り返っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス