文字サイズ

阪神・北條 2軍戦でいきなり2失策 初回に連続エラー

 1回、一塁に悪送球し2点を献上する阪神・北條=タマスタ筑後(撮影・高部洋祐)
3枚

 「ウエスタン、ソフトバンク-阪神」(25日、タマホームスタジアム筑後)

 阪神の北條が2軍戦で初回にいきなり2つの失策を記録した。

 先発・中田が1死から二塁打と2つの四球で満塁とすると、打席には5番・柳町。二ゴロに打ち取り併殺かと思われたが、二塁から一塁へ北條がショートバウンドの悪送球。一塁・遠藤は捕球することができず後ろにそらし、一気に2者が生還した。

 さらに続く真砂の遊ゴロもはじき連続エラー。この日は試合前に平田2軍監督からノックを受け、1軍でも早出特守を行うなど守備力向上に向け練習は行っている。ただ、なかなか結果に結びつかない状況だ。

 また、二回の第1打席では杉山の153キロの直球にバットが空を切り空振り三振に倒れている。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス