文字サイズ

阪神、八回にミス連発で追いつかれる 守備固めの植田がエラー、岩崎は暴投

8回広島、1死二塁、広島・長野の二ゴロをファンブルする阪神・植田=京セラドーム(撮影・飯室逸平)
2枚

 「阪神-広島」(16日、京セラドーム大阪)

 失策数が12球団ワーストの阪神の守備が終盤にも乱れ、同点に追いつかれた。

 阪神ベンチは1点リードの八回から3番手・岩崎をマウンドに送り込む。しかし先頭の西川に中前打を打たれ、代打磯村の犠打で1死二塁に。長野を一、二塁間寄りのゴロに打ち取ったが、この回から二塁に入った植田がはじく失策。1死一、三塁としてしまった。

 4番・鈴木誠を投ゴロに仕留めたが、続く松山の打席で岩崎が2球目のスライダーがワンバウンドとなる暴投。三走が生還し、試合は振り出しに戻った。

 阪神は初回1死一塁でも、今季初先発した二塁・熊谷が、捕球後にボールを握り直して、二塁へ悪送球していた。48試合目で37失策となっている。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス