文字サイズ

阪神・西勇輝 無観客も画面越しで「笑顔を届けられる」勝利で希望を

 阪神・西勇輝投手(29)が23日、甲子園で行われた「集合練習」終了後にオンライン取材に応じた。無観客開幕が決定的だが、画面を通して自身の代名詞の笑顔や野球を楽しむことを前面に出して、ファンに勇気を与える覚悟を示した。

 「自分がよくやってる笑顔だったり、矢野監督の楽しくやるプレーというのは、画面越しでも伝わると思いますので、去年みんなやってきたというプレーを続ければいいんじゃないかなと思います」

 矢野阪神のスローガン「It’s 勝笑(しょう) Time! オレがヤル」の姿勢を曲げず、チーム一丸で戦っていく。指揮官は常に楽しむこと、笑顔でプレーすることを推奨してきた。「矢野監督が言っていることを体現して、画面で見てる方にも笑顔を届けられる、そういうチームでありたい。全員で(姿勢を)全面に出して楽しい野球というか、楽しく強い野球を見せれればいいんじゃないかなと思います」。笑顔で楽しんで勝つ野球。それが理想型だ。

 開幕延期でも予定通り矢野監督から「開幕投手」を明言されている。「6・19」開幕が濃厚で、決定すればあと1カ月も無い状況だが「本当に残り短い時間なので、ケガだけしないように。あとは気持ち入れて頑張るだけだと思いますし、チーム一丸となって前を向いて頑張っていければいいなと思っています」。調整出来る期間も限られる中で万全な態勢を整えて、虎のエースが開幕のマウンドに向かう。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス