文字サイズ

阪神・秋山、AJ斬り!5回無失点 3戦連続0封も開幕ローテ入りへ要求はハイレベル

 「オープン戦、阪神6-5オリックス」(13日、京セラドーム大阪)

 4番・ジョーンズに対して、阪神・秋山は果敢に勝負を挑んだ。初回1死一、三塁。いきなり試練を迎えたが、2ボールから直球を続け、最後は140キロの直球で三ゴロ併殺。メジャー通算282本塁打のスラッガーを打ち取り、ピンチを脱出した。

 「1打席目はすごい選手なのでどうかなと思ったんですけど、いいゲッツーの取り方ができましたし、もっと振ってきた方が怖いと感じました」

 納得の“ジョーンズ斬り”から、本来の姿を取り戻した。コーナーを狙いすぎず、緩急を駆使。四回は先頭ジョーンズを中飛に打ち取るなど3人でピシャリ。中でもカーブが効果的で「いつもはフォークのところで、カーブでの凡打もあったので、使える日はどんどん使っていきたい」と手応えをつかんだ。

 5回3安打無失点。数字的にこれ以上ない結果を残しても、指揮官が求めるレベルは高い。「決めるところで決めるような、さらなる安定感がほしい」と矢野監督。秋山も「まだまだ“らしさ”は出ていない。球の質も上がってくると思う」と今後を見据える。

 開幕延期となり、ローテ争いは“延長戦”の情勢。残る先発枠は2つ。福原投手コーチは「良かったと思う」と評価しつつ「またしっかり見て判断したいと思います」とローテ入りの明言は避けた。

 秋山は対外試合4試合で14イニング2失点。ここ3試合は連続無失点と上り調子だ。「(開幕は)いつになるか分からないですけど、しっかりやっていきたい」。開幕ローテ入りへ、もっともっと状態を上げていく。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス