文字サイズ

原口 大腸がんステージ3bだった 闘病する人に「復帰してやれることを伝えたい」

 阪神の原口文仁捕手(27)が24日、兵庫県西宮市の球団事務所で会見した。今年1月の大腸がん手術後、初めて闘病の経緯など詳細を公表。術後宣告されたステージは「3b」だったことを明かした。病気で悩む人々が「オレも、私も」と、闘う理由を見つけてほしいと、包み隠すことなく赤裸々に告白。「使命」あるプロ野球選手として、懸命に活躍と発信を続けていく。

 会見場に姿を見せた原口は、笑みを浮かべたまま席に着いた。「深刻にじゃなく、ポップに聞いてください」。驚きの告白とは対照的に、柔和な表情で詳細を明かしていく。1月24日の大腸がん公表から、10カ月となる節目の日。手術前後の真実を赤裸々に語った。

 「先生も早期発見ではないか、という話だったのですが。術後の検査などで、ステージは『3b』だったと言われました。そこまで進んでいるとは思っていなかったみたいで僕自身も驚きでした」

 1月8日。プロ10年目の節目として、初めて人間ドックを受診。がんが発覚した。同月24日に公表し、26日に手術。1週間後に退院した。周囲から見れば、経過は驚くほど良好で、5月8日の2軍戦で実戦出場。6月4日のロッテ戦で1軍昇格すると、即タイムリーと劇的な復帰を果たした。だが、その裏ではまだ病と闘っていた。

 退院後、2月6日から錠剤での抗がん剤治療。4週間飲んで2週間休むというサイクルを計4回。1軍で活躍を続けながら、7月9日まで及んだという。治療が一区切りした同日は、プラスワン投票で球宴選出が発表された日。「皆さんに言えなかったですが、ダブルでうれしい日だったんです」と明かした。

 夢舞台での2戦連続本塁打。シーズンではサヨナラ打もあった。復帰以降は一度も抹消されることなく完走。終始、笑顔で振り返る原口だったが、「病気から学んだことは」と問われると、少しだけ声を詰まらせた。「命には限りがある。いざ、この年齢でそれが間近にきて、感じましたね」。しんみりとした空気を嫌い、再び快活に質問に答えていく。

 「発表は…」と賛否あった詳細の公表。それでも踏み切ったのは、プロ選手としての使命を感じるからだ。「僕は元気です。これだけの病気をしても、復帰してやれることを伝えたい。今、闘っている人たちが僕も、私もやれると思ってもらえることに意味があるので」。いつか笑って話せる日が来ると、身をもって伝えていく。

 だからこそ、闘いに終わりはない。今後も5年間は半年に一度の検査を受ける。だが、そんな使命が戦う理由にもなる。「野球で結果を残さないといけない責任があるので。多くの人に頑張っている姿を届けられたら、いろんな人を勇気付けることができる」。原口の“笑タイム”は続く。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス