文字サイズ

高橋聡 引退登板で福田を三ゴロ 福留に続き、元同僚の大野雄からも花束

 7回、福留(左)から花束を贈られる高橋聡
3枚

 「阪神-中日」(30日、甲子園球場)

 今季限りでの引退を表明した阪神の高橋聡文投手(36)が、ラスト登板を果たした。

 七回、先頭福田の場面でマウンドに上がり、こん身のストレートで三ゴロ。マウンドにナインが駆け寄り、福留から花束を受け取った。さらに、古巣の中日からも大野雄が花束を持って駆け寄り、両軍ファンから大歓声が沸き起こった。

 この日の試合前、高橋は練習前に誰もいない甲子園のマウンドへ。すると、登場曲のSEKAI NO OWARI「眠り姫」が流れ、大型ビジョンには「聡文さん、中日14年、阪神4年、18年間お疲れ様」と、ねぎらいのサプライズ演出がなされた。

 その後、矢野監督、選手会長の梅野、ドリスの3人から花束贈呈。すると高橋が入団した際の監督だった金本知憲前監督からのメッセージが届き、選手からも大歓声が。多田打撃投手が代読し、拍手が沸き起こると、最後に高橋は5回、宙に舞った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス