文字サイズ

近本、長嶋超え甲子園で決める!セ新人最多安打更新へあと「4」盗塁王も照準

 阪神の近本光司外野手(24)が17日、甲子園での偉業達成に目を光らせた。ここまで150安打。セ・リーグ新人最多安打記録を保持する巨人・長嶋茂雄超えまで、あと4本。18日・ヤクルト戦から5試合は本拠地開催で、新記録樹立に期待がかかる。ファンの声援を力に変え、金字塔を打ち立てる。

 快挙達成へ最終局面を迎える。あくまで個人記録は二の次とする近本。ただ、大先輩の記録を超えることが、ファンを喜ばせるというなら話は別だ。長嶋茂雄が持つセ・リーグ新人最多安打記録を塗り替えるまであと「4」。1年間、声援を送り続けてくれたファンへの恩返しとして、本拠地で金字塔を打ち立てることを誓った。

 「ヒットの記録というのは、甲子園で更新できるならしたいなとは思います。自分の記録ではなく、ファンの方に喜んでもらえるように」

 プロ1年目。チームに貢献する一打を-という姿勢で、ここまで150本の安打を積み上げてきた。ミスターの記録到達にカウントダウンが始まったが、これまでと変わらず過度に意識することはない。だが、矢野監督の一つの指針である「誰かを喜ばせる」という精神は、ルーキーの心にも浸透している。

 「自分が超えたいとか、記録を作りたいとかは自分では思ってないんですけど。球団記録のヒットを打った時も、並んでから2本目を打つことで、その時、見ていた方に喜んでもらえたと思うので」。夢を与える立場として、指揮官が思い描く姿に最高の形で応えてみせる。

 安打数だけでなく、自身が目標とする頂も視界に捉えた。ここまで33盗塁をマークして、リーグトップのヤクルト・山田哲に並んだ。01年・赤星憲広以来となる球団新人による盗塁王獲得も可能性が高まってきた。

 黄金ルーキーの戦いはそれだけでは終わらない。18日からのヤクルト2連戦では、盗塁王だけでなく、新人王争いをする村上とも直接対決を迎える。「そこを意識しても自分が村上くんに対して、ホームランとか打点で勝負はできないので。だから自分ができることをやるだけだと思います」と過剰な意識は排除して、持てる力を存分に発揮することだけに集中する。

 残り8試合で3位・広島との差が3・5ゲームと状況は厳しい。だが、近本が虎党を喜ばせる数が多いほど、希望の光は輝き続けるはずだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス