文字サイズ

阪神・高橋遥「同じ点の取られ方を…」7回5失点で降板、ワーストタイ1イニング5失点

 逆転を許した4回を投げ終え、悔しそうにベンチに戻る阪神・高橋遥人
2枚

 「阪神-広島」(9日、京セラドーム大阪)

 阪神の高橋遥人投手(23)が、7回9安打5失点で降板。2試合連続で自己ワーストタイとなる1イニング5失点を喫し、逆転を許した。

 3回までは圧巻のパーフェクト投球だった。この日は難敵・大瀬良から打線も奮起し、4点の援護。だが、突然快投が暗転する。四回だ。先頭の西川から菊池涼、バティスタと3連打であっけなく1点を奪われると、1死一、三塁の場面では一走・鈴木と三走・菊池涼にダブルスチールを決められ2点目を献上した。

 その後、2死一、三塁とピンチは続き、最後はメヒアに右翼ポール際への逆転3ランを浴びた。もらった援護4点を打ち消す、この回5失点。勢いづく広島打線を、止められず、呆然とマウンドにたたずんだ。「同じチームに、同じ点の取られ方をしてしまい、前回の反省を生かすことができませんでした。点を取ってくれた野手の方に申し訳ないです」と言葉を絞り出した。

 阪神・高橋遥VS広島・大瀬良は、先週に続き、場所を変えての“再戦”となった。前回2日も、高橋遥はバティスタに満塁弾を食らうなど、1イニングで5失点。3敗目を喫し、リベンジを誓っていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス