文字サイズ

矢野監督「しんどすぎた」岩田の初回7失点に落胆

 ベンチで浮かない表情を見せる阪神・矢野燿大監督(右)
2枚

 「巨人16-4阪神」(28日、東京ドーム)

 阪神が投壊、今季ワーストの16失点で大敗を喫した。

 一回に岩田がゲレーロに満塁本塁打を浴びるなど一挙7失点。3回を投げ、自己ワーストの9失点で3敗目(3勝)を喫した。

 六回にも浜地が炭谷に満塁本塁打を打たれた。1試合2本の満塁被弾は今季2度目。シーズン2度は、1980年・ロッテ以来39年ぶり2度目の屈辱で、セ・リーグおよび阪神として初の不名誉な記録になった。

 矢野監督は「よーいどんで7点やったっけ。そこはしんどすぎたね」と落胆の表情。いきなり大量ビハインドの展開でベンチとしても策を打てず、「いやあ、どうしようもないでしょ。打つの待つしかないし、策って何もできるわけじゃないしさ」と語った。巨人戦の16失点は2001年3月30日(17失点)以来、18年ぶりの屈辱で再び自力優勝の可能性が消滅した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス