文字サイズ

矢野監督、自力V消滅に「そこを考える余裕はない」 今季4度目のサヨナラ負け

中日に連敗し引き揚げる阪神・矢野燿大監督=ナゴヤドーム(撮影・田中太一)
3枚

 「中日3-2阪神」(16日、ナゴヤドーム)

 阪神が今季4度目のサヨナラ負け。首位・巨人が勝ったため、阪神の自力Vが消滅した。連敗も今季ワーストタイの5となった。

 昨季1勝3敗と苦手にしていた今季初登板の中日・松坂を攻略することができなかった。三回、同点に追いついてなお2死満塁、五回の2死球で2死二、三塁と勝ち越しのチャンスをつかみながら、後一本が出ずじまい。矢野監督は「同じような感じやね。チャンスはあるんだけどね」と振り返った。

 四回以降は無安打。四死球で得た走者もバント失敗で送れず、「ミスをしたり取れるところで取れてないのでこういう展開になっちゃう。それが一番のチームとしての課題の部分」と語った。

 この日巨人が勝ったため、ゲーム差は今季最大の11・5と開き、自力Vも消滅した。「それを考える余裕はない。そこを考えて毎日プレーするより、どうやって成長するか考えてプレーする方がチームのためになる」と、あくまで前を向いていた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス