文字サイズ

メッセンジャー、7回3失点の粘投も4勝目はお預け

7回を投げ終え、ベンチに戻るメッセンジャー(右)=撮影・高部洋祐
3枚

 「交流戦、阪神-楽天」(18日、倉敷マスカットスタジアム)

 阪神先発のランディ・メッセンジャー投手が7回を投げ4安打3失点(自責点2)で降板した。

 立ち上がりを三者凡退に片付けたが、二回に先頭のブラッシュを四球で歩かせるなどして1死一、二塁。辰己を一ゴロに打ち取り、3-6-1の併殺を狙ったが、北條が一塁へ悪送球して同点とされた。

 痛恨の一発を浴びたのは、1点リードの四回。1死一塁からウィーラーに左翼席へ2ランを被弾して一時勝ち越しを許した。だが、この回以降は粘り強い投球を披露。六回には、2死から連続四球で一、二塁のピンチを招いたが後続を抑えて無失点に抑えた。

 同点の七回1死二塁で打席を迎えると、代打・福留が告げられて交代。しかし、得点を奪うことはできず。勝利投手の権利を得ることはできなかったが、先発としての仕事は果たした。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス