文字サイズ

島本がプロ初の危険球退場 145キロが山下の右側頭部を直撃

8回、楽天・山下は頭部に死球を受ける(投手・島本、捕手・梅野)=倉敷マスカットスタジアム(撮影・山口登)
3枚

 「交流戦、阪神-楽天」(18日、倉敷マスカットスタジアム)

 3番手でマウンドに上がった島本が、プロ初の危険球退場で降板した。

 同点で迎えた八回、代わった守屋が乱調。浅村、ブラッシュの連打から、ウィーラーの右犠飛で勝ち越しを許した。さらに2死三塁から辰己に左前適時打を浴びると、続く山下との対戦。145キロの直球がスッポ抜け、山下の右側頭部をかすめた。

 球審の土山は「危険球とみなし、退場とします」とアナウンス。山下はその場に倒れ込んだが、ベンチ裏で治療を受けた後、そのままプレーを続行した。なおも2死一、二塁のピンチで能見が救援登板し、代打・今江を右飛に抑えた。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス