文字サイズ

阪神今季最短の2時間26分で完封負け 和製オーダー不発…高山の2安打のみ

7回、ソフトバンク・ジュリスベル グラシアル(手前)に先制となる3ランを浴び、ベンチでぼう然とする阪神・矢野燿大監督(中央)ら阪神首脳陣=ヤフオクドーム(撮影・北村雅宏)
3枚

 「交流戦、ソフトバンク3-0阪神」(13日、ヤフオクドーム)

 阪神がソフトバンク相手に、今季6度目の完封負けを喫した。打線はソフトバンク先発・大竹の前に2安打と沈黙。試合時間は2時間26分と今季チーム最短だった。

 カード勝ち越しを狙った一戦は、高橋遥-大竹の両左腕が互いに譲らず、白熱の投手戦になった。高橋遥は二回、松田に投手内野安打を打たれた以外は、六回までほぼ完璧な内容。しかし援護がない。

 阪神の安打は三回と八回にともに高山が放った単打のみ。出塁もこれに加えて初回の糸井があっただけで、淡々と打ち取られた。マルテをスタメンから外し、矢野監督は和製オーダーを組んだが、不発に終わった。

 均衡が崩れたのは七回だった。高橋遙が今宮、内川に連打を打たれて一、二塁。デスパイネは空振り三振に斬ったが、続くグラシアルとの対戦だった。追い込んでからの4球目、内角を狙ったカットボールが、わずかに甘く入ったか。強烈なライナー性の弾道で、一気に左翼スタンド中段に突き刺さった。

 高橋遥は7回5安打3失点で降板。打線はその後も奮起することなく、ソフトバンク戦7年ぶりの勝ち越しを逃した。試合時間は同じく完封負けした4月20日の巨人戦(甲子園)の2時間35分よりも9分短く、今季最短ゲームとなった。

野球スコア速報

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      阪神タイガース最新ニュース

      もっとみる

      スコア速報

      主要ニュース

      ランキング(阪神タイガース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス