文字サイズ

阪神が連勝 4番大山が決勝2ラン 青柳はローテ入り確実に 中日根尾は空振り三振

4回阪神1死二塁、先制2ランを放つ阪神・大山(投手・吉見)=ナゴヤドーム(撮影・立川洋一郎)
1枚拡大

 「オープン戦、中日2-4阪神」(13日、ナゴヤドーム)

 阪神が中日相手に連勝した。4番でスタメン復帰した大山のオープン戦2号2ランが決勝打。先発の青柳は5回を投げて4安打1失点で、開幕ローテの座をほぼ確実なものにした。

 試合は0-0で迎えた四回、1死二塁で打席に立った大山が初球、中日の先発・吉見が投じたスライダーを狙った。高々と舞い上がった打球は、そのままバックスクリーン左に消えた。

 大山は侍ジャパンに選出され、10日のメキシコ戦では左膝付近に死球を受け、途中交代していた。12日の中日戦には代打で出場。スタメン復帰したこの日は、二回にも中前打を放つなど結果を残した。

 一方、先発した青柳は、7奪三振など危なげのない投球。五回にはアウト3つを三振で奪うなど、球のキレ、強さとも申し分のない投球内容だった。前日12日に先発した藤浪が2軍降格。開幕ローテ争いに離脱した中、この日の好投でその座をほぼ手中に収めた。

 また、中日のドラフト1位・根尾昂内野手(18)=大阪桐蔭=が、この日から1軍に昇格。七回、京田に代わって遊撃の守備に就き、オープン戦初出場。1軍デビューを飾った。初打席は阪神の4番手・石崎との対戦で空振り三振。守備では九回、梅野の打球が遊撃前に。イレギュラーバウンドか、一度ファンブルしたがその後、冷静に取り直して一塁に送球。アウトにした。2死後、続く木浪の打球も遊撃に飛んだが、華麗なフィールディングで裁いて見せた。球場は大きな拍手で包まれた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス